レディ

綺麗で魅力あるバラは通販で購入しよう|理想の庭がある環境

球根を保存しておく

植物

球根は保存も可能なので、来シーズンにまた植えて育てたいという場合に適しています。また、保存方法も気を付けておくことが大切であり、上手く保存しておくことによって、腐ってしまうことを防げられます。特に注意したいポイントといったら、高温多湿の環境に置かないことです。夏であれば球根の保管場所は考えておくことが大切です。通気性の良いネットに入れて日陰に置いておくと安心でしょう。また、定期的に液体肥料を与えておくことも大切であり、こまめにケアをしておくことで球根を良い状態で保っておくことができます。主にチューリップの球根に用いられますが、他の品種でも適用されるので、ガーデニングを進めていくうえで知っておきたいところでしょう。

球根を長く活躍させるためには、保存以外にも植え方について考えておきたいところです。土に複数個植える際に間隔が狭いと、球根同士栄養を奪い合ってしまいます。それぞれでスムーズに成長できるように一定の間隔で植えることが大切であり、そのためにもガーデニングのスペースを確保しておいた方が良いでしょう。丁寧に球根を扱うようにすることで、3~4年は持つと言われています。また、ガーデニングを趣味としているブログも紹介されているので、保存や植える際のコツについて詳しく知ることができるでしょう。それにより、ガーデニングへの楽しみを広げられます。また、球根はネットでも購入ができるようになっているので、お店までいく手間がありません。